【元採用が教える】CASECが就活や転職に大して意味がない理由

CASEC(キャセック)は、英検が開発した英語試験です。
自分の都合に合わせて受験できる点や、英検やTOEICのスコアの目安も分かるのが人気の理由となっています。

そのCASECですが、就活や転職の為に挑戦される方もいます。
実際、採用時にCASECの結果を記入されているケースを見ています。

結論から言うと、CASECは就活や転職に限っては意味がないです。
もし今から挑戦を考えているならば、再考される方が良いと思います。

この記事では、CASECや就職や転職で役に立たない理由について掲載しています。

【本記事の信頼性】
僕はタイトルからも分かるように、元採用担当です。
新卒のリクルーターのほか、中途採用についても携わった経験があります。
就活、転職のいずれについても、採用の経験が役立つと思います。

CASECが就職、転職において意味がない理由とは

最初に断っておきますが、CASECの存在自体は否定しないです。
英語試験としては、今後も続いてほしいサービスだと思っています。

ですが、就職や転職に限りますと話は別です。
乱暴な言い方になりますが、挑戦するだけの価値はないです。

最大の理由としては、不正が出来てしまう試験だからです。

CASECは、基本的に24時間好きな時に受験をすることが出来ます。
ということは、監視が無いので色々と不正をすることも可能です。
それこそ、替え玉受験ということも出来ます。

実際にCASECについて調べると、「カンニング」という単語が出てきます。
「カンニング バレる」というのも出てきますから、一定の方がその様な不正行為に興味があるというのが伺えます。

採用というのは、リスクを嫌います。
採用の失敗というのは、会社にとって長期のコスト負担となります。
退職されるまで続くことになるので、本当に慎重なスタンスです。
「怪しいと思ったら見送れ」と先輩から言われたこともあります。

その為、CASECについては半信半疑になってしまいます。

また個人的には、CASECを受験された理由についても疑問が出ます。
特にTOEICや英検に関する記入がなく、CASECだけの場合は尚更です。
計画的に行動せず、PRの為に急いで受験をした印象を抱くことになるからです。

CASECに挑戦する代わりに絶対にやった方が良いこと


就職や転職の為にCASECに挑戦するなら、TOEICに挑戦するべきです。
その方が余程、プラスになると思います。

というのも、TOEICのスコアの方が圧倒的に信頼できるからです。
その理由について、順番にお伝えしていきます。

不正行為が出来ない

CASECとの比較で言うと、やはりTOEICは不正行為が出来ないのが大きいです。

TOEICの場合、試験官もいる会場で試験を受ける必要があります。
ですから、CASECと比べると不正行為がしにくい(ほぼ不可能)です。

ちなみに、僕は書き込みをして注意を受けていた人をTOEIC会場で見たことがあります。
リスニング問題で、消去の為に問題用紙に記入をしていた様です。

受験者が多い

そして、受験者が圧倒的に多いというのも挙げられます。

やはりTOEICというのは、英語試験の中でも王者的存在です。
当然ながら受験者も多いですし、応募者も大半が履歴書等に記入しています。

同じ試験での点数を持っているということは、比較材料になります。
それだけで決めることはないですが、少なくともCASECよりは良いと思います。

英語力以外のスキルも分かる

最後に挙げたいのが、英語力以外のスキルも分かるということですね。

TOEICは前以て日程が決まっていますし、点数を伸ばすには相応の努力が必要です。
受験されていることで、応募者の「計画性」や「目標達成までの遂行力」などを知ることが出来ます。

こういったスキルについては、CASECだと知ることが出来ません。
仮に伝えられたとしても、採用する側としては「嘘かもしれない」というのが残ります。

以上の理由から、CASECを検討する位ならTOEICに挑戦される方が良いです。
少なくとも、就職や転職の時にマイナスになることはないので。

もし面接までに間に合わない場合でも、勉強していることを伝えれば良いです。
具体的にやっていることを伝えれば、問題はないと思います。
受験済みの方と比べると、その点だけはマイナスではありますが。

まとめ

ご覧頂き、ありがとうございました。

CASECは、英検開発だけに良い英語試験の一つだと思います。
ですが、不正が出来るという点から就活や転職には役に立たないです。
個人が英語学習のモチベーション、目的に利用されるのがベストです。

就活、転職目的ならば、TOEICに挑戦する方が絶対に良いです。
点数も信頼できますし、少なくともマイナスに働くことはないと思います。